京都・奈良・滋賀エリアの
不用品回収・粗大ゴミならオールクリアにお任せください。

オールクリア
フリーダイヤル0800-777-5374
インターネット無料見積り24時間受付中!!

お役立ちコラムお役立ちコラム

トップ > お役立ち情報

京都市左京区 孤独死はご家族にも大きな影響を及ぼします。

孤独死はご家族にも負担が オールクリアみなさんこんにちは、京都市左京区で不要品回収を行なっているオールクリアです。


孤独死の問題は高齢者のものだけでなく20代の若者から40代から50代の働き世代にとっても隣り合わせな問題です。


孤独死とは「誰にも看取られることなく一人きりで亡くなること」です。
日本では年々孤独死が増加しています。
その原因は単身世帯の増加です。
少子高齢化や核家族世帯の増加により子供と離れて一人で暮らす高齢者が増えました。以前では高齢者が一人で暮らしていてもご家族や親戚が訪問する機会がありましたが、今は家族関係も希薄になりつつあります。
また、地域住民との繋がりも希薄になりつつあり、より一層孤独死に至るケースも増えています。


孤独死の状況とは?



孤独死の状況とは?オールクリア


では孤独死が起きた際、部屋の中の状況はどのようなものなのでしょうか。


・遺体が長い間放置されていた場合、夏場は2日後、冬場は6日程度で肉体が腐敗し出し、体液が漏れて、死臭が漂っている。
・腐敗した遺体にハエやゴキブリ、ウジ虫などの害虫がわく。
・さらに発見が遅れると部屋の床に体液が染み込み、遺体の跡が残る。


など悲惨な状況が予想されます。
ご遺体の発見が遅れるほど部屋の中の損傷が大きくなるため、残されたご遺族の負担は大きくなります。



孤独死はご家族にも大きな影響を及ぼします。



孤独死は家族への負担も オールクリア


賃貸住宅で孤独死が発生した際、部屋の中を片付けたあと、速やかに退去しなければなりません。
部屋内の清掃、家財道具の処分などを行い最初に借りた時の状態に原状回復を行わなければなりません。


その費用を負担するのは賃貸住宅を借りた時に立てた連帯保証人です。
もし連帯保証人に連絡がつかない場合は、法定相続人に負担してもらうことになります。法廷相続人は故人の配偶者、直系卑属の子、直系尊属の父母、傍系血族の兄弟姉妹となります。


そして連帯保証人と法定相続人の方が費用を負担できない場合、賃貸住宅の大家が負担することになります。


そして気になる孤独死現場の清掃にかかる費用。
発見された日数や部屋の中の汚染具合によって値段は変わってきます。


体液と汚物の撤去 20,000円~250,000円
害虫駆除 15,000円~100,000円
消臭・消毒 20,000円~150,000円
※下記は目安です。



■孤独死を発見したときの行動



孤独死を発見した際に行動すること オールクリア


ご家族が孤独死の状況で発見された場合、下記のように対処しましょう。


1.警察に通報する。
2.遺品整理業者・特殊清掃業者に連絡する。(複数社見積もり可能であれば尚良し)
3.警察からの入室許可を待つ。
4.入室許可が出たら特殊清掃業者に連絡する。


■孤独死を発見した場合、当社オールクリアにご連絡ください。
孤独死の現場に遭遇されてしまった方は当社オールクリアにご連絡くださいませ。
当社では孤独死の現場を何度も経験したスタッフが在籍しています。
もしお困りの際は当社に一度ご相談くださいませ。

ダンボールを置いて帰る引越し屋に注意!

みなさんこんにちは、京都市左京区で不用品回収を行っているオールクリアです。


9月末から10月初旬は転勤が多くなり秋の引越しシーズンです。
引越し作業はとても大変で業者に依頼される方も多いことでしょう。
しかし時間がない・忙しいと言っていい加減に引越し業者を選定していたら悪徳業者に引っかかってしまう可能性があります。


今回は引越し業者に見積もりを依頼する際に注意していただきたい点をご紹介いたします。


通常引越し業者と依頼を契約すると、無料でダンボールを提供してくれます。
高い引越し作業を依頼してくれるならダンボールは無料でも業者は平気なのです。


しかし、契約前の見積もり時に業者の営業さんがダンボールを置いて行こうとしたら絶対に受け取らないようにしましょう。


なぜなら契約していない場合、ダンボールは無料ではないことが多いからです。


無料になるのは、引越しを依頼している方限定の場合が多く、契約前は有料であることが多いのです。
受け取ってしまって、後々に「他の業者に依頼するから」と契約不成立の連絡を入れると「お渡ししたダンボールを返してください」と返却を要求される場合があります。
業者によっては、郵送で返品させたりなど手間や時間を取らせることもあり、大変不愉快な思いをしてしまいます。


この時すでにダンボールを使用してしまった場合は、買取という形になり料金が請求されます。勝手に置いていったのに。。。と理不尽なお話ですし、お金の無駄ですよね。。


このようにダンボールを契約前においていこうとする業者があれば、絶対に受け取らないようにしましょう。
トラブルの元です。


お困りごとの際はオールクリアにご相談ください。

片付けてもすぐに元の汚部屋に戻る原因~その4.3つの悪い考えをやめよう~

みなさんこんにちは、京都市左京区で不要品回収を行っているオールクリアです。
今回は片付けを妨げる悪い習慣3つをご紹介します。

1.「とりあえず」置き
「とりあえずここに置いておこう」と自分の手の届くところに仮置きするのはやめましょう。
ほとんどの場合、無意識のうちに置いています。幾つか物を置いていくうちに自分の中で「ここは物を置いて良いスペースなんだ。」と頭の中にインプットされ、どんどん物が蓄積されていきます。

2.先延ばしにしてしまう
自分の中で言い訳をして、ついつい片付けを先延ばしにしてしまうのはやめましょう。
「忙しいからまた後で」「またすぐに使うからここに置いておこう。」と思っているうちに部屋の中はどんどん散らかっていきます。

3.買い物依存症
買い物依存症の人は、自分自身に必要のないものまで大量に購入します。
買い物をする行為に快感を覚えているため、買ったものを実際に使用することはなく、ずっと押入れの中や部屋の隅などに放置しています。

これでは家の中のスペースが不要物に溢れ、ごちゃごちゃになりやすい状況になってしまいます。

買い物依存症以外にも、家の中にものが増えてしまうような習慣(日用品のまとめ買い等)は見直すべきです。必要な分だけ購入し、自分自身で管理ができる程度にものを所持しましょう。

みなさんも自分の習慣を見直して当てはまるものがあれば改善していきましょう。

お困りごとの際はオールクリアにご連絡ください。
pagetop
兵庫県エリアのお困りごとは「オールクリア」にお任せ下さい。