京都・奈良・滋賀エリアの
不用品回収・粗大ゴミならオールクリアにお任せください。

オールクリア
フリーダイヤル0800-777-5374
インターネット無料見積り24時間受付中!!

お役立ちコラムお役立ちコラム

トップ > お役立ち情報

デジタル遺品対策は生前のうちに…

みなさんこんにちは、京都市東山区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器にはたくさんの情報が入っています。
高齢の方でもデジタル機器を利用している人は多く、これからもどんどん増えていくと考えられます。
パソコンやスマートフォンの持ち主が亡くなってしまうとこれらの機器は「デジタル遺品」として扱われます。


デジタル遺品の中には生前取っていた写真や動画、運営していたブログやSNS、資産を運用していたネット金融資産などが含まれています。
また中には他人にはみられたくないようなものも存在します。


これらのデジタル遺品をそのままにしておくと個人情報が外へ流出し、アカウントの乗っ取りやクレジットカードの不正使用など様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
このような事態にならないようにデジタル遺品となりうる機器に対して生前のうちに整理をして
いく必要があります。


■生前できるデジタル遺品の整理方法
デジタル遺品のトラブルを避けるためには所有者本人が生前に整理することが有効です。
遺言書やエンディングノートにログインに必要になるID名やパスワードなどを記載しておきましょう。何より相続に関わるネット金融資産に関しては事前にご家族に話しておくと良いでしょう。後から困ってしまうのはご遺族です。迷惑をかけないためにも対策をしましょう。


■デジタルに自信がない場合は遺品整理業者に依頼することもできます。
生前に整理されることなくデジタル遺品が遺されてしまい、どうしたら良いか分からない場合は、遺品整理業者に依頼して適切な処理をしてもらうことができます。
デジタル製品のログインやパスワードの解除をしてくれたり保存された画像や動画、アドレスなどのデータの削除や移行をしてくれたり、デジタル製品の廃棄なども行なってくれます。


もしデジタル遺品の整理にお困りの際は専門の業者に依頼してみることも検討しましょう。

固定資産税が6倍に?空き家の管理は怠らないようにしましょう。

みなさんこんにちは、京都市東山区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


両親が亡くなり、実家に住む人がいなくなってしまうとそのお家は空き家になってしまいます。
空き家は様々な問題を抱えています。
空き家は人が住んでいない状態で放置するとどんどん劣化していき最悪の場合、倒壊してしまう恐れがあります。
さらに、景観が悪化したり放火をされたりと様々な問題が発生します。


少子高齢化の今、空き家問題はこれからどんどん深刻化していきます。
また空き家を放っておくと税金などの出費が発生します。


・空き家にも税金がかかる。
空き家は誰も住んでいなくても固定資産税や都市計画税などの税金が毎年かかってきます。
都市部は不動産価値も高いため、税金も高くなりがちです。
また地方でも所有する不動産がとても広ければそれなりの税金はかかってきます。
生活もしていないのにもかかわらず、高い税金を支払わなければならないと思うと少し悲しい気持ちになりますね。
さらに空き家を放置し管理を怠ってしまうとさらに税金がかかってしまう場合があります。
2015年に空き家対策特別措置法が施行され、景観を損なう場合は「特定空き家」に特定されることになりました。
特定された後に所有者が空き家の管理に関して何も対策をしなかった場合、固定資産税が6倍に跳ね上がる可能性があります。


■空き家の管理のご相談は私たちオールクリアにお任せください。
空き家の管理でお悩みの方は私たちに一度ご相談ください。
お力になれるようなご提案をさせていただきます。

モニターの寿命を迎える症状と処分方法

みなさんこんにちは、京都市東山区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


テレビやパソコンを長期間使い続けるとモニターに不具合が出てきます。
モニターには寿命があり、いつかは壊れてしまいます。
ブラウン管の寿命は時間で表すと1万時間ほど、液晶テレビであれば3万時間とされています。
おおよそ5年から10年ほどで寿命を迎えることになります。
もちろんモニターの使用方法や使用環境によって寿命が変わってきます。


■液晶モニターの保証は各メーカーによって異なる。
液晶モニターの保証期間は各メーカーによって違います。
多くのメーカーでは3年保証としているところもありますが、5年というところもあります。
保証内にモニターに不具合があるときは修理の依頼をしましょう。


■寿命が来るとどんな不具合が出てくる?
モニターはいきなり「プツン!」と壊れるわけではありません。
下記のような症状が出てきた場合は寿命が近いと判断しましょう。
・色むらがある。
・突然消えてしまう。
・チラチラと画面が揺れる
・画面に線が入る。
・画面が暗くなってきた。


■寿命を迎えた不用品回収業者に依頼して処分しましょう。
使えなくなったモニターは不用品回収業者に依頼して処分しましょう。
お仕事や育児で忙しい方だと自治体などの粗大ゴミ回収を利用してモニターを処分することが難しいかもしれません。
そんな時にオススメなのは不用品回収業者です。
モニターは、PCリサイクル法に基づいて処分する必要があるため、業者に回収・処分を代行してもらえるのはとても便利で楽です。
またモニター以外にも不用品がある場合まとめて処分することができます。


当社では不用品の回収、ゴミ屋敷清掃、ハウスクリーニング、お部屋の片付けなどお家の中のトラブルに対応しております。
ご相談がございましたら、オールクリアまでご相談ください。

マッサージ機の寿命は6年、使えなくなったら不用品回収業者に依頼して処分しよう

みなさんこんにちは、京都市東山区で不用品回収を行っているオールクリアです。


日々の体を癒してくれるマッサージ機は、とても人気があり需要があります。
ただ、大型の家具のため壊れてしまったり、使わなくなった時の処分に困りがちです。
今回はマッサージ機の処分方法についてご紹介いたします。


■マッサージ機の寿命は6年程





マッサージ機の寿命は6年程と言われています。
使用を繰り返していくうちに、電源を入れても動かなくなってしまったり、変な音がしたり、もみ玉が壊れてしまったりなどの症状が現れてきます。


■マッサージ機はとても大きくて場所をとる。





電気屋さんでよく見かけるマッサージ機。電気屋さんで見てもあれだけ大きいと感じるマッサージ機を家の中に持ち込むとなると圧倒的な存在感です。
マッサージ機はとても大きく、簡単に運ぶことができないため、処分も難しいのが難点です。


■修理か、処分かを考える。





マッサージ機に不具合が出た時に修理をしたいという方は、メーカーに修理費用を確認してみてください。場合によっては修理費用のほうが買い替えより高くなってしまう可能性もあります。
その際は、新しいものを新たに購入することを検討しましょう。


■処分は不要品回収業者に依頼しよう。





大きくて重量があるものは不要品回収業者に処分を依頼しましょう。
出張で回収をしてくれるため、外に搬出する手間や処分まで全てを任せることができます。
さらにご自身の都合の良い時間を指定して捨てることができるため、平日お仕事で忙しい方にとって助かる存在です。


当社でもマッサージ機の回収サービスを行っております。
マッサージ機以外にも不用品がございましたら、まとめて処分することも可能です


お見積もりは無料です。
ぜひ一度フリーコールにお電話ください。

家の中にネズミがいたら大変!今すぐ退治しましょう。

みなさんこんにちは、京都市東山区で不要品回収を行っているオールクリアです。


家の中にネズミやイタチ、ゴキブリ、シロアリなどが侵入して来たという経験をお持ちの方はいらっしゃいますか?
これらの害虫・害獣を放置していると後々建物を劣化させる原因になったり、人間の健康に被害を与えることになるかもしれません。


今回は、家の中で出現したらすぐに退治して欲しいネズミに関してご紹介いたします。


ネズミは、小さくて可愛らしい生き物に見える方もいらっしゃるかもしれませんが、家の中に出現してしまったらすぐに退治し追い出すべき生き物です。


なぜならネズミには高い繁殖能力があり、一度にうめる整体の個数は10匹です。
生まれた子ネズミも1ヶ月程度たてば生食することができるため、どんどん増えていきます。
ネズミにはとても硬い歯が備わっており、家の柱や配線などをかじってしまいます。
最悪の場合火災が発生してしまうため、死に関わります。
さらにネズミはとても不潔です。大量のダニやノミが寄生しており人間の居住範囲にネズミに立ち入ったらそこら中にダニやノミが移ってしまいます。また多くの病原菌を持っているため、病原菌もばらまく恐れがあります


ネズミは動物のため糞尿もします。
屋根裏などネズミが通りそうな場所に糞があればネズミが家の中にいると考えて良いでしょう。
ネズミがいる気配がしたら調査してすぐに駆除の依頼をしましょう。


お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

ゴミ屋敷が引き起こす命を脅かす事態とは~火災編~

京都市東山区で不要品回収を行っているオールクリアです。

今回はゴミ屋敷が引き起こす火災について紹介します。
ゴミ屋敷には様々なゴミがあり、家事が発生した場合火があちこちに広がりやすい環境です。
実際にゴミ屋敷が原因で起きた火災もあり、命を落としたケースも何件もあります。

火災になってしまったらゴミ屋敷だけでなく、近隣にお住いの住宅にも被害が及んでしまう可能性があります。
悲惨な事態を防ぐためにも、火災が発生する理由を知り対策を考えましょう。

1.放火
住宅の火災の原因で一番多いのが「放火」と言われています。
ゴミ屋敷は放火魔の恰好の的です。家の外までゴミが溢れているので、一箇所に火をつけてしまえばすぐに火が燃え移りあっという間に全焼させてしまいます。

2.火の不始末
火の不始末であげられるのが、タバコの不始末、コンロの火のつけっぱなし、ストーブのつけっぱなしなどです。
特にタバコの不始末による火災は放火の次に多いと言われています。
タバコを火種が残ったまま眠りにつき、火がカーテンや布団に燃え移ってしまったりなど、タバコを吸う人であれば気をつけなければなりません。

3.トラッキングによる火災
コンセント付近に溜まったホコリに引火し、火災に至ってしまうことをトラッキング火災と言います。
ゴミ屋敷はコンセント部分が見えない状態になっているため、ホコリがたまっていることを気付くことができません。
そのため、知らないうちに着火し、火事になってしまうケースが多いようです。

このような理由で火事は引き起こされます。
特にゴミ屋敷が火事になってしまうと、火の回りが早く、ゴミで足元が不安定のため逃げ遅れてしまうことが多いようです。
火事を未然に防ぐためにもゴミ屋敷にしないことが大切です。
pagetop
兵庫県エリアのお困りごとは「オールクリア」にお任せ下さい。