京都・奈良・滋賀エリアの
不用品回収・粗大ゴミならオールクリアにお任せください。

オールクリア
フリーダイヤル0800-777-5374
インターネット無料見積り24時間受付中!!

お役立ち情報お役立ち情報

トップ > お役立ち情報

20・30代でも注目されている生前整理とは?

みなさんこんにちは、京都市伏見区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


みなさんはご自身の死後のことを考えたことがありますか?
あなたの死後、残された家族はお通夜やお葬式を執り行い、その後遺品整理に取り掛かります。
もしあなたが生前のうちに身の回りの整理をしていなかったら残された家族は様々な面で苦労することになります。
例えば
「お葬式に誰を呼べばいいのだろう?」
「お墓の場所はあるの?どこにあるの?」
「通帳や印鑑はどこにあるんだろう?」
「残された財産はどれだけあるんだろう?マイナスの財産はあるのだろうか?」
「遺族同士で相続トラブルになってしまった。。」
など一緒に住んでいなかった場合全くわからないところからイチから調べる必要があります。
残された家族に負担をかけないためにもご自身が元気なうちに生前整理を行なってみませんか?


■生前整理は早めに取り掛かろう。





事故や災害、病気によって命を落とす可能性って誰にでもあります。


現在は高齢者だけではなく20代・30代から生前整理を始めている方もいるくらい生前整理は注目を集めています。
生前整理は精神的にも体力的にも大変な作業です。
できれば時間の余裕ができる定年後すぐに取り掛かることをお勧めします。


人それぞれですが生前整理は1週間や1ヶ月といった短い時間では完了することができません。


5年から10年以上かかって生前整理を行なったという方もいます。
家の中にある使っていないものや壊れているもの、今後の人生に必要のないものは処分を検討してみてください。


家の中に必要以上のものがあると、ものにつまずき転倒して怪我をしてしまったり最悪の場合、寝たきりになってしまう可能性もあります。


安心・安全な住まいにするためにも早めに取り掛かりましょう。


■終活をテーマにしたイベントが増加中





最近ではテレビの情報番組などで「終活」や「家の片付け」が取り上げられることが多くなってきました。


また、イベントやセミナーなども増え棺桶の入棺体験ができたり遺影写真を撮れたりと様々な企業がサービスを提供しています。


お困りごとの際は、オールクリアまでご相談ください。

明確な料金システムが設定されている業者に依頼しましょう。

みなさんこんにちは、京都市北区で不用品回収を行っているオールクリアです。


引越し前の不用品処分や、遺品整理時の遺品の処分など、家の中にある不用品をまとめて処分したいときに便利なのが不用品回収業者です。
ただ依頼するとなると「どこに依頼するのがいいのか?」「どんなサービスがあるの?」など業者の選び方がわからず困ってしまう方が多いです。


今回は不用品回収業者に依頼する際に基準にしたい「料金設定のわかりやすさ」についてご紹介いたします。




不用品を処分をする上で気になるのが「料金」ですよね。
しかし、業者によっては見積もり時に明確な料金を示さず、作業に取り掛かり後々高額な料金を請求してくるケースもあります。


そのため、しっかりと作業前の見積もりを行なってくれる業者を選択しましょう
見積もりも無料の業者が多いため、依頼する際は多くの業者に見積もり依頼をしてご自身にあった業者を選択しましょう。


見積もり時にチェックして欲しいのが、
・価格に関する不明な点がないか?
・2階以上の部屋に住んでいる際の追加料金の有無
・家電製品の処分の際に、リサイクル料金や収集運搬料金が必要か?
・その他、作業当日に追加料金がないか?

です。


見積もり依頼をしようと思っている業者のホームページを見て、詳しい金額が明記されているか確認しましょう。
各家電や家具の回収料金や、作業員の数、トラックの大きさによる料金システムなどしっかりと明記されているところだと、大体の料金の目安を知ることができるためお勧めです。


安いというだけで業者を選択するのは避けましょう。
資格を持っているか、実績があるか、ご自身に合うサービスを提供してくれるかなどしっかりと見極めましょう。


不用品回収、買取、ゴミ屋敷清掃、お部屋のお片づけはオールクリアにお任せください。

お葬式の際のNGワードって?

みなさんこんにちは、亀岡市で不用品回収を行なっているオールクリアです。


みなさんはお葬式で使っていけない言葉があるとご存知でしょうか?
日本では昔から忌み嫌う言葉「忌み言葉」が存在します。
遺族たちに挨拶をする際に忌み言葉を使うとマナー違反となり失礼にあたります。


今回は葬式の際に避けたい忌み言葉をご紹介いたします。



不吉な言葉
・迷う・大変・落ちる・九や四


重ね言葉
・重ね重ね・くれぐれも・かえすがえすも・いよいよ・度々・ますます・次々


不幸が続くことを連想させる言葉
・続いて・追って・再三・再び・なお・また・追いかける


生死に関する言葉
・死ぬ・急死・生存・生きる・自殺・死亡・死去


また忌み言葉以外にも控えるべき言葉があります。
それは遺族に対しての励ましの言葉です。


途方に暮れているご遺族に
・頑張って
・元気を出して
・いつまでも悲しんでるわけにはいかないよ
・しっかりね
と強い励ましの言葉を安易に使うのはやめましょう。
ご遺族が悲しいときは、その悲しみに共感する言葉をかけましょう。


忌み言葉を避けることは大切なマナーです。
ご遺族の悲しみに寄り添い、言葉を選んで接するようにしましょう。


お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

元気なうちに葬儀について考えてみませんか?

みなさんこんにちは、京都市伏見区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


みなさんはご自身の葬儀について考えたことがありますか?
死んだ後のことなんて考えたくない、死について考えるなんて不謹慎だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。


ただ現在は「終活」という言葉が流行しており、ご自身の死について考え、備える活動が活発になってきました。
エンディングノートを書いたり、入棺体験のイベントに出向いたり遺影写真の準備をしたりとご自身の死に向き合う方が増えています。


そこで考えてみて欲しいのがご自身の「葬儀」についてです。


ご自身の死後、遺されたご家族はあなたの死に悲しみながらも、葬儀の準備に追われます。
葬儀はご自身の死後、遺族により半日以内で葬儀社が決められ葬儀のプランが決定されます。
日本の葬儀はとても高く、平均200万円かかります。
葬儀の準備を生前からしていないと、葬儀社のうまい営業によってどんどん追加料金を取られてしまい多大な出費を遺族に課せてしまう可能性があります。


もしご自身が生前に葬儀についての希望(例えばお花は少しで良い、豪華にしなくて良いなど)を出しある程度決めていれば遺族の負担を減らすことができます。


是非、ご自身が元気うちに葬儀についてご家族と話し合ってみてはいかがでしょうか。


お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

引っ越し難民が増加!?早めに予約しましょう。

みなさんこんにちは、京都市上京区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


春になり、引っ越しシーズンですね!
特に3月から4月上旬にかけて引っ越しの依頼が集中します。
今年の春は、引っ越しがしたいのに引っ越しできない「引っ越し難民」が多発すると予想されています。
早めに予約をしないとピーク時には、希望日に合わせて依頼することができないなどが想定されています。


現在でも引っ越しを受け入れてくれる業者を探すのは難しくなっており、引っ越し時期をずらさないといけない可能性も出てきています。


引っ越し難民が増える背景は、政府が進めている働き方改革によるものです。
長時間労働を課せられる引っ越し作業は人件費がかかりがちです。
そのためサービス残業を課せられてしまう業者もあります。
それに加えて労働条件の改善が進められている宅配業界にドライバーが流出してしまっていることも原因となっています。
そのため、例年は各業者1日あたり4回できていた今年は引っ越しが3回しかできない状況になってしまうなど業者の人不足も原因となっています。


確実に引っ越しをするためには
なるべく多くの引っ越し業者に見積もりを依頼したり、ピーク時を避けたりする必要があるでしょう。
もし引っ越し先が近場で荷物が少ないのであればご自身で引っ越し作業を行うことも視野に入れてみましょう。


オールクリアでも引っ越しサービスを行なっております。
ぜひお早めにご連絡ください。

ホコリのない家はない!?ホコリの原因って?

みなさんこんにちは、京都市右京区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


日々の掃除を頑張っていても次の日には出てくる「ホコリ」
ホコリがない場所はほとんどないと言ってもいいほど、ホコリはどこにでも存在しています。
ではどこからホコリはやってくるのでしょう。
今回はホコリの原因について考えて行きたいと思います。


1.布製品から発生する綿ボコリ
ホコリが発生する一番の原因は布製品です。
セーターやTシャツ、パンツ、ジャケットなどの衣類や布団やタオル、ソファ、クッションなどの寝具から綿ボコリが発生します。
布団をかぶって寝たり、服を着て動いている限りホコリを防ぐことはできません。


2.ハウスダスト
肉眼では確認することができない大きさの埃をハウスダストと言います。
ダニの死骸や糞などが含まれ、人間の体内に取り込まれるとアレルギーや喘息を引き起こしてしまう可能性があります。


3.髪の毛、フケ、ペットの毛
人間の頭から抜ける髪の毛やフケがホコリの中には含まれています。
人間は1日に100本髪が抜けると言われています。ペットを飼っている場合は人間以上に毛が抜けます。


ホコリを放置していると人体に悪い影響を与えることがあるため常に綺麗にしておきたいですね。
ホコリがない空間を作ることはできませんが、毎日の掃除でうまく付き合っていきましょう。


お困りの際はオールクリアまでご相談ください。

夏は小さなあいつにご注意!

みなさんこんにちは、京都市伏見区で不要品回収を行っているオールクリアです。


ジメジメした梅雨の時期に家の中にどこからともなくやってくるのが「コバエ」です。
耳元で「ぶ~ん」と飛ばれるととても不愉快ですよね。
そんなコバエは換気扇の隙間や、ドアの開け閉め時など人間の隙をみて忍び込んできます。


もし家の中にコバエを1匹でも見つけてしまったら、卵を産んでいる可能性が高いです。
コバエの繁殖能力は高く、一匹が産む卵の数は500個を超えます。
発生場所を特定して早急に駆除を行いましょう。


コバエの発生箇所は沢山あります。


今回はキッチン周りでハエがたかりやすい場所をご紹介いたします。


キッチンに食べ残しや生ごみが放置されていると産卵されてしまいます。
特に夏は異臭の匂いに誘われてハエがやってくるため、皿洗いは欠かさずに行いましょう。


またキッチン周りに置いてあるゴミ箱にもコバエが発生しがちです。
ハエが散乱している恐れのある生ごみは袋に入れましょう。
ゴミ箱はフタ付きのものを選び、ハエが入り込まないようにしましょう。


また、プラスチックゴミ、空き缶や空き瓶に付着している水分でもコバエが発生してしまいます。
捨てる際は水分を抜き取り完全に乾かしましょう。


このほかにもキッチンにはコバエが発生しやすい場所が沢山あります。
また次の機会にご紹介させていただきます。


お困りごとの際はおオールクリアまでご相談ください。

自転車を賢く処分しよう!

みなさんこんにちは、京都市中京区で不要品回収を行っているオールクリアです。


通勤やサイクリングなど移動を支えてくれる自転車ですが、いずれ捨てなければならない時がきます。
自転車の廃棄方法は6つあります。


順に説明させていただきます。


1.友人に譲る。
自転車を必要としていないか友人に聞いてみましょう。
後々トラブルにならないように譲る前に防犯登録の抹消は必ず行ってくださいね!


2.フリマアプリで販売する。
ご自身の家の近くで自転車を必要としている人をフリマサイトなどで探しましょう。
近くの人に譲ると取りに来てくれることもあり、ご自身で自転車を運ばなくて良い場合守ります。
状態が良いと買値がつきますのでオススメです。


3.新しいものを買ったお店に引き取ってもらう。
店によって引き取ってもらえる場合があるため、新しい自転車を購入する際に、古い自転車を引き取ってもらうことが可能か聞いてみましょう。


4.リサイクルショップに持ち込む。
家の近くにリサイクルショップがあれば持ち込んでみましょう。
持ち込む前に、ご自身でできる自転車のメンテナンスを行いましょう。
するとしないでは買値に差が出る可能性があるためです。


5.自治体に回収してもらう。
自治体が実施している不要品回収を利用しましょう。
自治体に電話にて予約し、ごみ処理券を購入して指定された日時・場所に自転車を置いておくだけで処分することができます。
時間に余裕がある方であれば、自転車をお安く処分できるためおすすめです。


6.不要品回収業者に依頼する。
不要品回収業者に依頼して、自転車を処分することができます。
有料ではありますが、当日引き取ってもらうことが可能です。
急な引越しや、時間がなかなか取れない方にはオススメな処分方法です。


ただ一つ注意したいのがどの方法でも、処分する前には防犯登録の抹消を行ってください。
悪用されてしまう可能性があるため必須です。


お困りごとの際はオールサポート名古屋までご相談ください。

ブラウン管テレビの処分方法について

みなさんこんにちは、向日市で不要品回収を行っているオールクリアです。


最近では古い旅館などでしか見なくなったブラウン管テレビ。
ブラウン管テレビは大きいため場所を取るため早めに捨てたいところです。


今回はブラウン管テレビの処分方法についてご紹介いたします。


1.友人に譲る。
テレビを必要としている人に譲りましょう。
アナログテレビであってもデジタルチューナーをつければデジタル放送を見ることができます。
またDVDプレイヤーなども接続することができるため使い道はまだ残っています。
友人の中に欲しい人がいなければ、インターネット上で「譲ります。譲ってください。」の掲示板を利用して見ても良いでしょう。取りに来てもらうことができれば送料もかからなくて済みますし、安く処分することができます。


2.購入した店舗で処分をしてもらう。
リサイクル料金を支払えば、購入した店舗で処分を依頼することができます。
ご自身で持ち込むことも可能ですし、家まで引き取りに来てもらうこともできます。
引き取りの場合は運搬料金が加算されてしまいます。


3.自治体の不要品回収を利用する。
ずいぶん前に購入していると思いますので、購入場所がわからない方もいらっしゃるでしょう。
そんな時は自治体が実施する不要品回収を利用しましょう。
回収方法や日時の指定などは自治体によって異なるため、お住いの自治体に問い合わせてみましょう。


4.不要品回収業者に依頼する。
不要品回収業者に依頼すると、家まで取りに来てくれるため外へ搬出する手間をなくすことができます。女性やお年寄りの方が重いテレビをも持つのは大変です。
有料ではありますが、気持ち的にも体力的にも安心な処分方法です。


お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

ゴミ屋敷の住民は大人だけではない!

みなさんこんにちは、京都市西京区で不用品回収を行っているオールクリアです。


ゴミ屋敷は
「後でまとめて掃除したらいいや。」
「とりあえず袋にゴミを入れてるから大丈夫。」
「ゴミを外に捨ていくのが面倒くさい。」
「捨てるのが勿体無い。」
など小さなことの積み重ねで起こります。


ゴミ屋敷は、ゴミ屋敷にしてしまった当人だけでなく家族にも悪い影響を与えてしまいます。特にお子さんと生活している場合、健康被害や様々な精神的被害を及ぼしてしまいます。


健康被害でいうと、害虫や害獣によるアレルギー発症や、ゴキブリやネズミによるウイルス被害です。
またムカデやダニなどに噛まれてしまうこともあります。


また、ひどい悪臭や虫刺されの痕など他の人と違うところを持ってしまうことで友人を作れなかったり、ゴミ屋敷に住んでいることが学校で知れ渡ってしまいいじめの対象になる可能性もあります。


また、ゴミ屋敷はたくさんのゴミや物があふれているため、物の価値を理解することができなくなります。乱雑に置かれたものを当たり前と思って見て育っているため、ものは乱暴に扱っても良いものだと感じてしまうのです。


ゴミ屋敷は大人だけの問題ではありません。
子供と一緒に生活しているという方は、お子さんのためにも一刻も早い問題解決をしていきましょう。


当社ではゴミ屋敷に関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。
3 / 1112345...10...最後 »
pagetop
兵庫県エリアのお困りごとは「オールクリア」にお任せ下さい。