京都・奈良・滋賀エリアの
不用品回収・粗大ゴミならオールクリアにお任せください。

オールクリア
フリーダイヤル0800-777-5374
インターネット無料見積り24時間受付中!!

お役立ち情報お役立ち情報

トップ > お役立ち情報

畳の交換方法について

みなさんこんにちは、京都市中京区で不要品回収を行っているオールクリアです。


現代の住宅は木材や新建材のフローリングが一般的ですが、日本人の間で古くから親しまれている畳は和室に欠かせない存在です。
畳には、様々な機能や効能があります。
防臭機能や、保温断熱機能、温度調節機能、癒し機能、遮音性能など人々が生活しやすい特徴を兼ね備えています。
特に新調した畳はとても綺麗な色でいい香りがしてとても癒やされます。


しかし、年月を重ねるとともににささくれが出てきたり、変色してきたりと劣化が進行していきます。
まだ一度も畳の交換をしたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、畳の交換方法についてご紹介いたします。


畳の交換方法は3つ有ります。


「裏返し」
畳表は両面使用することができます。そのため、ひっくり返し、貼り付けることで新品の状態をもう一度味わうことができます。


「表替え」
既存の畳床を再利用し、畳表、畳縁を新しいものと交換します。畳表を新品に交換するため、見た目は新しく綺麗ですが、畳床は交換しないため踏み心地は変わらないままです。


「新調」
畳表、畳床、畳縁全てを交換します。真っ新の状態のため見た目も踏み心地も最高です。


これら3つの交換方法を組み合わせて、畳の痛み具合に合わせて裏返し→表替え→新調の順に交換していきましょう。
次回は、各交換方法の時期についてご紹介いたします。


お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

ソファの買い替えのタイミングは?2

みなさんこんにちは、亀岡市で不用品回収を行なっているオールクリアです。


前回に引き続き、ソファの買い替えのタイミングについてご紹介いたします。


3.座り心地が悪くリラックスできない
ソファに毎日座っていると、クッション性が悪くなっていきだんだん座り心地が悪くなっていきます。
せっかくリラックスするためにソファに座っているのに、全くくつろげないのであればそれは買い替えの時期でしょう。
買い替えて新しいソファが家に来た場合は、同じ場所だけに座らず、座る場所や体勢を変えてみてください。クッションのへたりを減らし長持ちさせることができます。


ソファの寿命が来てしまった場合のほかにも、新しいお家に引越しをしたり、部屋の模様替えをしたり、断捨離をしたりなど様々なタイミングでソファを処分する場面が訪れます。
洗濯機や掃除機などの家電であれば、高価で買い取ってくれるようなリサイクルショップがありますが、直接肌が増えていたベッドやふとん、ソファなどはリサイクルショップでは買取をお願いすることが難しいです。
ただでさえソファはとても大型で捨てることをためらってしまいます。


そのような場合は電話一本で回収に駆けつけてくれる不要品回収業者に依頼しましょう。
処分費はかかりますが、すぐに処分したいという方にはオススメです。


お困りの際はオールクリアにご相談ください。

ソファの買い替えのタイミングは?1

みなさんこんにちは、八幡市で不用品回収を行なっているオールクリアです。


ソファーは部屋での家族団欒ができるくつろぎ空間を作るには必須の家具です。


ソファーの寿命は一般的に3年から10年と幅が広いです。
ソファーの使い方や素材や丈夫さによってもそれぞれ差が出ます。
今回は、ソファーの買い替えのタイミングはどこで判断すれば良いかご紹介いたします。


1.ソファーが破れている、汚れている。
ソファーが汚れていると、気持ちよくくつろげるスペースではなくなってしまいます。
ソファーの汚れの原因は、人間の皮脂や食べこぼし、油汚れ、ペットの粗相など様々です。
本革や合皮の場合は、すぐに拭き取れば綺麗にすることができますが、布製のソファであれば汚れが染み付いてしまいます。
汚れが蓄積され、くつろげないスペースになってきたら買い替えどきです。


2.デザインが気に入らない
ソファーのデザインが、家の雰囲気と合わなかった場合、買い替えを考えても良いでそう。
家族団欒や、くつろぎのスペースであるソファーは、リビングの顔といっても過言ではありません。
デザインがあっていなければ、部屋の雰囲気を崩してしまいとても残念です。
比較的新しいものだから買い替えるのはちょっとできないという方は、カバーを違う色のものに変えたり、素材など変更して見てはいかがでしょうか。
そうすれば、費用も最小限に抑えることができますし、ソファーの処分の手間も減らせます。


次回に続きます。
お困り事の際はオールクリアまでご相談ください。

ソファーの素材別寿命はいつ?2

皆さんこんにちは、亀岡市で不用品回収を行なっているオールクリアです。


前回に引き続き、ソファーの素材別寿命についてご紹介いたします。


(2)合皮素材のソファー
見た目や雰囲気は本革と同じように見えますが、合否は寿命が短めです。
その分、価格が安く気軽に購入しやすいです。
合皮のソファーはヒビ割れが発生し、5年程度で寿命を迎えます。
また毎日のように全体重をソファに乗せて入れば、ソファーが痛むのも早いです。
合否のかばんなども、そんなに長く良い状態で保つことは難しいです。
合皮は水拭きや中性洗剤を使用して手入れも可能なので、汚れがついたら掃除することで長持ちさせることができます。


(3)布素材のソファー
布素材のソファーは皮素材や合皮素材のソファーより寿命が短いと思われがちですが、5年程度は使用することができます。
しかし、ジュースや食べ物などをこぼしてしまうと、汚れてしまいますし、布が破れてしまうこともあるでしょう。
汚れを防ぐためにも、ソファーの上に1枚布を被せて使用することをオススメします。



素材にかかわらず、座面のへたりは気になってくる場所です。
クッションが劣化すると、くつろぎにくくなります。
いつも同じ場所に座っていると、他の場所より少し沈んでいるはずです。へたりを分散させるためにも、座面のクッションは前後裏表を定期的に変えましょう。


お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

ソファーの素材別寿命はいつ?1

皆さんこんにちは、京都市右京区で不用品回収を行なっているオールクリアです。


ソファーは部屋での家族団欒ができるくつろぎ空間を作るには必須の家具です。


ソファーの寿命は一般的に3年から10年と幅が広いです。
ソファーの使い方や素材や丈夫さによってもそれぞれ差が出ます。


どんなに高い良いソファーを買ったとしても、いつかは寿命がきてしまいます。
一生同じものを使い続けるのは難しいでしょう。
平気寿命を超えたら、新しいソファーの買い替えを検討しましょう。


今回は、素材別のソファーの寿命をご紹介いたします。
ソファーの素材は大まかに分けると本革、合皮、布の三種類です。
それぞれに特徴があり、寿命やお手入れ方法もそれぞれです。
では見ていきましょう。


(1)革素材のソファー
革素材のソファーは、本革、合皮、布の三種類の中で一番寿命が長いと言われています。
高価な本革を使用したソファであれば、10年以上使用することができます。
メーカーがサポートする革ソファであれば、皮が寿命を迎えたら張替えをしてもらえることができるのでさらに寿命を延ばすことができます。
しかし、ソファーの中身については作り直しができません。
クッションの弾力性が失われてしまった場合は、作り直しはできません。


次回に続きます。
お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

カーペットってどうやって処分したらいいの?2

みなさんこんにちは、京都市北区で不用品回収を行っているオールクリアです。


前回に引き続き、カーペットの処分方法についてご紹介いたします。


3.オークションやフリマアプリに出品する。
状態が良く処分するのが少しもったいないなと感じるものであれば、オークションやフリマアプリに出品してみてはいかがでしょうか?
今では携帯電話ひとつで手軽に出品することができるので、とても便利です。
出品する際は、カーペットの状態をしっかり説明文に記載しましょう。傷や汚れがある場合は、その部分の写真を掲載したりして、落札者に同意の上購入してもらえるようにしましょう。
また、高値で売れるように汚れやホコリなどは綺麗に落とし、できるだけ状態を綺麗にしましょう。


4.リサイクルショップに持ち込む。
近場にリサイクルショップがあるのであれば、カーペットを持ち込みましょう。
持ち込むことが困難な場合は、出張買取や郵送買取を行っているリサイクルショップもあるため利用しましょう。


5.不要品回収業者に回収してもらう。
カーペットをいますぐ捨てたいという方は、不要品回収業者に依頼するのをオススメします。
カーペットだけを処分すると割高になってしまうので、その他に処分したいものがあれば、まとめて処分してもらいましょう。
不要品回収業者の中には、高額請求をしたり不法投棄などを行う悪徳業者がたくさん存在します。
利用する際は、ホームページや口コミをチェックして信用できる業者かチェックしましょう。


いかがでしたでしょうか?
自分にあった処分方法でカーペットを処分しましょう。

カーペットってどうやって処分したらいいの?

みなさんこんにちは、宇治市で不用品回収を行っているオールクリアです。


立冬も過ぎ、冬に向けて寒い日が続いています。
みなさんも、冬支度に向けてこたつやカーペット、ファンヒーターなどを押入れの中から取り出している頃ではないでしょうか?


色や質感によってお部屋の印象を変えてくれるカーペットはインテリアに欠かせないアイテムです。
そろそろカーペットを買い換えようかなと思っている方にカーペットの処分方法をご紹介いたします。


カーペットはサイズ、重量ともに大きいため、処分するのに少々苦労します。
方法は5つあり、自分にあった方法を見つけて処分しましょう。


1.粗大ゴミに出す。
各自治体によって粗大ごみの出し方は異なります。お住いの自治体のホームページを確認し、電話で問い合わせを行い予約を取りましょう。
その後、コンビニや指定の場所で粗大ごみシールを購入しましょう。
指定日にシールを貼り付けたゴミを指定された場所に出せば完了です。
安価で処分することができるのでオススメです。


2.ゴミの日に出す。
ゴミ袋に入れることができるサイズの場合、小さくたたんで捨てることができます。
また大きなサイズのものでも、ハサミなどでゴミ袋に入るサイズまで小さくすれば捨てることができます。
費用を最も抑えることができるため、お金をかけたくない人にはオススメです。
カーペットによって素材が異なってくるため、燃える素材か燃えない素材かを見極め分別を行いましょう。
解体の際は無理はしないようにしましょう。
素材によっては普通のハサミでは切断できないものもあります。
特に電気カーペットの切断は危険が伴うため無理に解体するのは避けましょう。


次回に続きます。
お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

引越し当日にやること~その4~

みなさんこんにちは、向日市で不用品回収を行っているオールクリアです。

前回に引き続き、引越し当日に行う作業についてご紹介いたします。

【引越し当日に新居でやること】

6.料金の精算
引越しが終わったら精算を行いましょう。見積もり金額であらかじめ値段が分かっている場合はお釣りのないようにするのも親切ですね。また業者によってはクレッジットカード払いも可能なので、事前に確認をすると良いでしょう。

7.荷ほどきと整理整頓
引越し業者が撤退してまずはじめにやるべっことと言えるのが、段ボールの中に入っている荷物の荷ほどきです。
荷ほどきはとても時間がかかる作業です。
荷ほどきを早く終わらすために、はじめに行うことは、大きな荷物の配置を決めることです。
布団やカラーボックス、衣装ケースなどが部屋のいたるところにあると、荷物を収納することができませんし、作業スペースがなくなりとても効率が悪くなります。
また、もう一つのポイントとして、段ボールはすぐに使うものから荷ほどきを行いましょう。
すぐに使いたいものが見つからなくて、あれもこれもと荷ほどきを行ってしまうと荷物がごちゃ混ぜになり、効率が悪いです。
そのため引越し前の荷造りの際は、すぐ使うもの、時間が経ってから使うものなど段ボールに印をつけると良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?引越し当日はやることが多くとても忙しいです。
新しい生活を気持ち良くスタートできるように段取り良い引越しを実現させましょう。

引越し当日にやること~その3~

みなさんこんにちは、木津川市で不用品回収を行っているオールクリアです。

前回に引き続き、引越し当日に行う作業についてご紹介いたします。

旧居の退去立会いを終えて、新居に向かった後に行いたい作業を下にまとめました。

【引越し当日に新居でやること】

1.新居の掃除
引越しの荷物が来る前に、部屋の隅や水回りなどの掃除をしておきましょう。
荷物が入ってしまうと、細かいところの掃除をするのが難しくなるので何もないうちに掃除をしておきましょう。

2.ご近所の方へ挨拶
引越しがひと段落したら、ご近所へ挨拶回りをしましょう。
迷惑にならないように朝の10時から夕方の18時ごろまでに行いましょう。
引越し当日はバタバタして大変かもしれないので、翌日に伺うようにしましょう。

3.電気・ガス・水道の使用開始
事前に申し込みを行い、引越し当日に生活がスタートできるようにしておきましょう。
ガスの開栓は立会いが必要になります。

4.引越し業者へ指示する。
引越し業者が新居へ到着したら、荷物の搬入場所を指示しましょう。

5,荷物の数の確認をする。
全ての荷物の搬入が終わったら、荷物の数があっているか確認しましょう。
紛失しているものがないか?壊れているものがないかをみてください。
引越し業者に必ず立ち会ってもらいましょう。
また、引越し中に業者に壁や床に傷をつけられてしまった場合は、修繕費用を請求しましょう。
必ず、傷をつけられた時点で指摘をしましょう。

次回に続きます。
お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。

引越し当日にやること~その2~

みなさんこんにちは、宇治市で不用品回収を行っているオールクリアです。

前回に引き続き、引越し当日に行う作業についてご紹介いたします。

4.忘れ物がないか確認する。
引越し作業が一通り終わったら、梱包し忘れの荷物がないか、積み忘れの荷物がないかの確認を行います。
引越し時に多い忘れ物として、物干し竿や照明、工具、洗濯用品、自転車などが挙げられます。
主に外に出してあったり、自分の目線が届かないところにあるものを忘れがちです。
忘れてしまうと自身で新居へ運ばないいけないため大変です。
あらかじめ忘れ物リストなどを事前に用意しておくことをお勧めします。
新居へ出発する際は、新居での集合時間を決めておき時間通り到着できるようにしましょう。

5.旧居の掃除をする。
今まで生活を共にした部屋を綺麗に掃除していきましょう。
水周りや換気扇、エアコンの中など心を込めて綺麗に掃除しましょう。
借主として、借りる前と同等の状態まで戻して家主に返すのがマナーです。
また、綺麗に返すことによって敷金が多く帰ってくる可能性もあります。

6.旧居の明け渡しと鍵の返却をする。
賃貸の場合、退去時の立会いが必要です。管理会社と一緒に室内の状態を確認し、退去に伴う修繕費を貸主側と借主側のどちらが負担するかを明確にします。
傷や汚れの修繕は全てが借主の負担になるというわけではありません。通常の生活でついてしまった凹みや入居前からある傷、経年変化による劣化などは借主の負担から除かれます。
契約当時の契約書などを確認してみましょう。

次回に続きます。
お困りごとの際はオールクリアまでご相談ください。
pagetop
兵庫県エリアのお困りごとは「オールクリア」にお任せ下さい。