京都・奈良・滋賀エリアの
不用品回収・粗大ゴミならオールクリアにお任せください。

オールクリア
フリーダイヤル0800-777-5374
インターネット無料見積り24時間受付中!!

お役立ち情報お役立ち情報

トップ > お役立ち情報

収集癖が強い人の思考とは?

長岡京市で不用品回収を行っているオールクリアです。

収集癖がある人は、物に対するこだわりがとても強いです。

収集癖がない人がある人を見ると、どうして集めるのかが理解ができません。
では、収集癖がある人はなぜ、収集をし続けるのでしょうか。

1.所有物にしたい気持ちが強い

誰もが欲しいものを見れば「自分のものにしたい。」と思うものです。
これは誰にでもある欲で、本能的なものであると言っていいでしょう。
この欲が人より強いのが、収集癖が強い人です。
自分の大好きなものが手に入った事実に喜び、達成感で満足を得ています。
この快感を忘れられず、欲しいと思ったものに飛びついてしまいます。

2.全ての種類をコンプリートしたい気持ちが強い

収集癖が強い人は、コンプリートしたい気持ちが強いです。
キャラクターのフィギュアを全種類集めて達成することに喜びを感じます。
「何事にも完璧でありたい」という完璧主義者の面もあり、コンプリートできない状況にストレスを覚えてる人もいます。

3.強迫的な心理状態

収集癖が高い人は「一度集め始めたものは、もっと集め続ける必要がある。」「もっと貴重なものを集めなければならない。」と強迫的な心理を持っていることが多いです。

もっと上を目指して達成したいという欲が高くなり、どんどん物を増やしていきます。


収集することは悪いことではありませんが、
家の中のスペースがなくなったり、金銭的に困っていても購入したくなった場合は要注意です。
自分自身を圧迫してしまうので、行き過ぎだなと思った場合は、行動を改めましょう。

ゴミ屋敷になってしまう原因~その他の理由~

京都市下京区で不用品回収を行っているオールクリアです。

ゴミ屋敷に陥ってしまいやすい人の特徴として、
・だらしなく、片付けができない、汚くても平気な人
・ゴミをゴミだと思っていない人
・コレクターなど集めることが好きな人
が挙げられます。

・だらしなく、片付けができない、汚くても平気な人

片付けができない人は、日々出るゴミの片付けができず、コンビニで買った弁当やペットボトルなどが床に散らかっていたり、灰皿に溜まったタバコを捨てずに灰が床に落ちてもあまり気にしません。
本人は普通のことと思っていますが、普通の人から見たらだらしがない人だと思われます。

・ゴミをゴミだと思っていない人

他人にとっては不要な物を引き取ったり、包装紙や飲み物のキャップなど、普通の人なら捨てるものを、いつか使えるだろうから取っておく人がいます。
いつか使うだろうと思うものは、基本的に使うことはありません。何年か経って家の中を整理して出てきても、同じ言い訳をしてまたしまい、何年経っても使うことなく部屋の中を不要物で占領してしまいます。

・コレクターなど集めることが好きな人

なんでも集めることが好きな人は、ゴミでも構わず集めて言います。
こだわりを持って分野を絞って集める人は問題ありませんが、あれこれいろいろなものを集めようとする人はゴミ屋敷になってしまう可能性がとても高いです。

このようにゴミ屋敷になってしまいがちな原因は幾つかあります。
次回は、収集癖が強い人の思考をご紹介いたします。

お困りごとの際は、オールクリアにご相談ください。

ゴミ屋敷になってしまう原因~ストレス~

八幡市で不用品回収を行っているオールクリアです。

近年、テレビなどでも特集されるゴミ屋敷問題。
ゴミ屋敷の住民は、ゴミを押しのけて1畳も満たないスペースで睡眠や食事をするというとても健康とはいえない生活を送っています。

ゴミ屋敷の住民は、生活している中で出てくるゴミだけではなく、街に落ちているものを集めたり拾ってきたりと道路までゴミが溢れるような状況を作り上げてしまいます。

ゴミを集めてしまう行為は普通の人にとっては理解することが難しいです。
テレビなどを見ていても、なんでこんな風になってしまったんだ?精神的な病気を患っているのだろうかと疑問に思う方が多いでしょう。

今回は、ゴミ屋敷になってしまう原因をご紹介いたします。

ゴミ屋敷になってしまう原因で多いのが孤独から来るストレスです。
家主は一人暮らしのご老人や、一人暮らしを始めた若者、離婚を経験した人が多いと言われています。共通しているのが、家の中で一人ということです。誰にも干渉されず、自分の生活を自分で支えていかなければならない立場の人です。

最初は、ゴミ屋敷の住民も家族何人かと、普通の生活をしていたはずです。
ですが突然一人になる環境(離婚、他界など)になったことで、孤独になり、寂しさと不安で強いストレスがのしかかってしまい、物を収集してしまう間違った行動を取ってしまったと言われています。

強いストレスは心を不安定にさせ、間違った判断をさせてしまいます。
ほとんどの人は、集めているものはゴミとわかっていて、ゴミによって迷惑をかけているということもわかっています。しかし、ゴミを集めていくにつれて、ゴミに囲まれることによって気持ちが安心するという間違った感覚に変化し、ゴミ屋敷が完成します。

次回は、ゴミ屋敷の原因となるその他の原因についてご紹介いたします。

お困りの際は、オールクリアへご相談ください。

ゴミ屋敷が引き起こす命を脅かす事態とは~火災編~

京都市東山区で不要品回収を行っているオールクリアです。

今回はゴミ屋敷が引き起こす火災について紹介します。
ゴミ屋敷には様々なゴミがあり、家事が発生した場合火があちこちに広がりやすい環境です。
実際にゴミ屋敷が原因で起きた火災もあり、命を落としたケースも何件もあります。

火災になってしまったらゴミ屋敷だけでなく、近隣にお住いの住宅にも被害が及んでしまう可能性があります。
悲惨な事態を防ぐためにも、火災が発生する理由を知り対策を考えましょう。

1.放火
住宅の火災の原因で一番多いのが「放火」と言われています。
ゴミ屋敷は放火魔の恰好の的です。家の外までゴミが溢れているので、一箇所に火をつけてしまえばすぐに火が燃え移りあっという間に全焼させてしまいます。

2.火の不始末
火の不始末であげられるのが、タバコの不始末、コンロの火のつけっぱなし、ストーブのつけっぱなしなどです。
特にタバコの不始末による火災は放火の次に多いと言われています。
タバコを火種が残ったまま眠りにつき、火がカーテンや布団に燃え移ってしまったりなど、タバコを吸う人であれば気をつけなければなりません。

3.トラッキングによる火災
コンセント付近に溜まったホコリに引火し、火災に至ってしまうことをトラッキング火災と言います。
ゴミ屋敷はコンセント部分が見えない状態になっているため、ホコリがたまっていることを気付くことができません。
そのため、知らないうちに着火し、火事になってしまうケースが多いようです。

このような理由で火事は引き起こされます。
特にゴミ屋敷が火事になってしまうと、火の回りが早く、ゴミで足元が不安定のため逃げ遅れてしまうことが多いようです。
火事を未然に防ぐためにもゴミ屋敷にしないことが大切です。

ゴミ屋敷が引き起こす命を脅かす事態とは~衛生問題~

京都市北区で不用品回収をおこなっているオールクリアです。


みなさんのお住いの地域に、ゴミ屋敷のお宅はありますか?
近年、様々な理由で家の中をゴミ屋敷化してしまう方が増えています。
「何でゴミを捨てないんだ?理解できない。」と思う方もいるかもしれませんが、ゴミ屋敷問題は身近に潜んでいてひょんなきっかけで自分がゴミ屋敷の住民になってしまうかもしれません。


ゴミ屋敷は、様々な問題を引き起こします。
一つは衛生問題です。
ゴミ屋敷の中には生ゴミが捨てられているところが殆どです。生ゴミを長い期間放置していると悪臭を発生させます。


この悪臭をたどってネズミやゴキブリ、ハエなどが集まります。
害虫はトイレや下水、排水溝など不衛生な場所から侵入してくるため、害虫の体にはたくさんの菌が付着しています。
菌だらけの害虫がキッチンの調理道具などを這い回っていたらゾッとしませんか?
しかも、害虫は糞をするので人間の口に入ることがあれば、健康に支障をきたしてしまいます。


またカビや細菌なども発生しているため、突然アレルギーを引き起こしてしまう場合もあります。


比較的新しい家や、衛生面に気を使っている家であれば、害虫対策を行い最小限に防げます。
しかし、ゴミ屋敷では害虫が隠れる場所がたくさんありますし、カビの発生は防げないため健康面で大きなリスクを背負っています。


次回はゴミ屋敷が引き起こす火災問題を紹介します。


ゴミ屋敷でお困りの際は、オールクリアに一度ご相談ください。
11 / 11« 先頭...7891011
pagetop
兵庫県エリアのお困りごとは「オールクリア」にお任せ下さい。